ファクタリングってどんなもの?

ファクタリングとは、まだ回収されていない売掛債権を入金前にファクタリングサービスを行っている業者に譲渡することで資金化するサービスを指しています。こうすることで回収される見込みのない売掛債権を手元に残さないようにすることができるほか、資金にすることで事業資金として調達することができるようになるのです。
この方法を利用すると資金力がない中小企業でも簡単に資金を調達できるようになるほか、売掛債権に関するリスクや資金調達の問題点を解決することができるとして注目を集めています。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングの最大のメリットは、即日資金調達が可能である点です。
どうしても急いで資金を集めなければいけない場合でもすぐに利用ができますし、担保や保証人が不要なので手間がかかりません。さらに審査もほかの資金調達の方法よりも柔軟なので、事業資金の集め方としては一番手軽な方法だと考えられています。
デメリットとしては、手数料がかかる点が挙げられています。しかも手数料はほかの資金調達の方法よりも割高に設定されているため、注意が必要です。ほかにもどのような売掛債権でも譲渡できるわけではなく、場合によっては債権譲渡登記が必要になることもあります。

ファクタリングの注意点

利用する際に虚偽申請を行ったりファクタリングサービスを二重で利用するなどの不正をしてしまうと、何らかの刑法に該当することがあるため気を付けなければいけません。また譲渡したことで得た資金を使い込みしてファクタリングサービスへの支払いができなくなる事態もありえるので、資金の取り扱いには注意が必要です。

ファクタリングは回収出来ていない売掛金を業者に買い取って貰うサービスを指します。資金繰りの為に現金化を早く進めたい際に頼りになります。