さまざまな決済業務を代行してくれる

ECサイトを運営する企業と消費者の間で使われているのが決済代行サービスです。クレジットカードやコンビニ支払いなど、さまざまな決済業務を代行してくれます。本来は店舗が複数のクレジット会社と個別に対応しなければなりませんが、決済代行を導入すればそのやり取りも任せられるので便利です。ECサイトにはシステムとして組み込まれるため、消費者が決済代行サービスの存在を意識する場面は少ないでしょう。

複数の決済方法に対応できる

決済代行は複数の決済方法を一括で対応できるのが特徴です。自社で複数の決済業務を行う場合、各社で異なる契約が必要になってきます。決済代行は一社との契約で済むのが大きなメリットです。代行会社によって対応できる決済方法は異なりますが、わざわざ決済方法ごとに契約する必要はありません。必要書類を一元化することで導入の手間も減らせます。

自社でシステムを構築する必要がない

自社で決済業務のシステムを構築するには、かなりの工数と費用がかかります。決済代行は構築済みのシステムを使っているので、自社の環境に左右されることもありません。代行会社ごとにノウハウがあり、システムの保守や更新もしっかり行われています。

万が一のトラブルも代行会社が対応してくれる

決済代行システムに万が一不具合が出たとしても、代行会社がすぐに復旧まで対応してくれるので安心です。売上金や利益の確認はもちろん、セキュリティも万全の体制が整っています。情報漏洩によるリスクを減らし、ECサイトの運営を助けてくれるのが決済代行サービスの魅力です。

決済代行とは、ネットショップとクレジットカード会社の間に立って、決済システムを提供するサービスのことです。