どんな人が通っているの?

普通に中学校を卒業したら、私立や公立の高校に進学する人が大半だと思います。しかし、全日制に通い始めてみたけれど諸事情があって辞めてしまう人も出てきます。もう一度全日制の高校に行くのは難しい、でも高校卒業の資格は欲しい、そんなときの味方が通信制高校です。年齢層は若く、全日制に通っている人たちと同じ年代が多いですが、個性的な子が通っていることも多いです。

どういう仕組みになっているの?

簡単に説明すると、大学のような授業スタイルです。
年度の初めに、取りたい教科を選択してその授業に必要数出席して単位を取っていくイメージです。時間割が設定されていて自分が選択している科目の授業に出席するため、行かない日があったり、1限目と4限目のようにとびとびの出席時間になることもあります。もちろん必修科目がありますし体育も必修に含まれるので体育館に行って授業を受けたりします。

どんなメリットがあるの?

一度、全日制から逸れてしまった人たちでも、さきに述べたように高校卒業の資格をもらえるので、大学受験が可能になります。どこの大学の何学科を受けたいという希望があればそれを叶えることができるのです。専門的な分野を学べる大学に行ける資格を与えられるのは大きなメリットではないかと思います。また、在学中に特定の資格を取得すれば単位として認めてくれます。自分のやりたいことに注力できる環境にあることは間違いないです。

もちろんデメリットもあります

全日制と比べると授業日数・時間が明らかに少ないので勉強で得られる絶対的な知識は乏しくなる傾向があります。在学中にアルバイトをして社会人に触れてみたり、自分が興味あることを突き詰めてみたり自主性が問われる場所であることは覚えておいてください。

通信制高校を埼玉で探してみると意外と多く見つけられます。様々な校風がありますので自分に合った学校選びが可能です。